学校の紹介

校章         

外側の5つの壺は、北を意味するとともに、学校が弥生時代の遺跡の 上にあり、当時貴重な土器に子どもたちを宝としてだいじに入れていま す。そして、中側八つの木は、八木の村落を表し、輪となり、互いに固く手を握り合っています。地域の絆です。中心には、北を入れています。

学校のあゆみ

昭和52年 7月2日 地鎮祭(創立記念日)
昭和53年 3月26日 竣工式
昭和53年 4月5日 開校記念式
昭和62年 7月5日 開校10周年記念式典挙行
平成4年 7月2日 開校15周年記念式典挙行
平成9年 6月29日 開校20周年記念式典挙行
平成19年 7月1日 開校30周年記念式典挙行

校地の歴史

 学校建設に伴い遺跡が発見され、昭和51年10月から約6ヶ月に渡り建設予定地1万平方メートル(校地の約半分)を発掘調査。下池田遺跡と名づけられるこの遺跡は弥生時代中期から後期にかけての大集落跡で、検出された遺構も住居跡20軒、溝9本、川・井戸など。また、多量の土器、石器やどんぐり・ひょうたんなどが多数出土している。現在の校舎は、昭和52年7月から昭和53年3月にかけて、遺跡発掘調査された跡地に建てられている。

航空写真で見る八木北小学校 koukuusyasin   岸和田市の歴史(岸和田市HPより)

校歌

作詞   初代PTA会長       水谷誠昭さん
作曲   大阪府立岸和田高等学校教諭 保崎道也さん

一 葛城山を 仰ぎつつ
朝の光に 照り映えて
我が学び舎は そびえたつ
みんな元気に たくましく
われらの われらの
八木北 八木北小学校

二 天の川の せせらぎを
四季おりおりに おりまぜて
我が学び舎は そびえたつ
みんないきいき はつらつと
われらの われらの
八木北 八木北小学校

三 八木の昔を しのばせる
弥生の遺跡の ある土地に
我が学び舎は そびえたつ
みんな明るく 伸び伸びと
われらの われらの
八木北 八木北小学校

Copyright (C) 2004-2006 岸和田市立八木北小学校. All Rights Reserved